Top > クレンジングの特徴 > クレンジング剤によって特徴があります

クレンジング剤によって特徴があります

クレンジング剤画像

クリームやジェル・オイル・ミルクなどクレンジング剤にはいろいろなタイプがあります。

いずれのタイプを使ってもクレンジングは、日々のスキンケアアイテムの中でもっとも肌を痛めやすいものには変わりがありません

それだけに洗浄力とお肌への負担のバランスを考えて商品をチョイスする必要があります。

お肌に優しいクリーム・ジェルタイプ

一般的にクレンジング剤の中で比較的肌に優しいとされているのが、洗い流せるタイプのクリームタイプか乳化したジェルタイプ(白いもの)です。

クリームタイプは油分も水分も適度に配合され、バランスのよいタイプと言えます。

洗浄力の強いオイルクレンジング

洗浄力の強いタイプとしてオイルクレンジングがあります。

最近はオイルタイプのクレンジング剤が人気ですが、洗浄力の強いものが多く、毎日同じように使っているとお肌を痛めることもあります。

メイク汚れを落とすためにオイルクレンジングをつけてマッサージをする人もいますが、お肌への負担がかなり大きいので止めておいた方が賢明です。

しかし、最近はオイルクレンジングの洗浄力を残しつつお肌にも優しい【ノンオイルタイプ】が登場し、多くの女性が愛用しています。

オルビスセラムデューなど手頃なお値段のクレンジング剤が人気のようです。

最近人気のミルクタイプ

お肌に優しいということで人気のミルクタイプですが、洗浄力は弱いのでメイクを落とそうとして肌をこすってしまいがちな人が多いようです。

お肌に優しいと言われていますが、洗浄力の弱さからこすることでお肌を傷つけてしまうことになりかねません。

軽めのメイクの日などはよいかもしれませんが、ファンデーションや日焼け止めを使った日などは洗浄力が足りないかもしれません。


クレンジングは値段の安さから簡単に選んでしまうと、お肌を痛めるうえにその後の化粧水・美容液などのスキンケアの役割を妨げることにもなりかねません。

スキンケアで最も大切なメイク落としの役割を担うクレンジング剤選びは、納得のいくアイテムをみつけましょう。

資生堂ワタシプラスはコチラから
アンチエイジング

クレンジングでメイク落としをする前に、オイルの有無など配合されている成分を確認しましょう!